資源プラ認定制度

資源プラ認定までの流れ

  • 希望する排出事業者・
    処理機メーカーからの申出

    資源プラ協会にご相談ください。
  • 資源プラ協会による審査

    物流や技術、法務の専門家から成る審査チームを協会より派遣し、審査いたします。
  • 定証・ロゴマークの発行

    ① 認定の決定後、速やかに認定書を発行いたします。
    ②定められた範囲内でロゴマークの利用が可能になります。

認定と同時にプラスチックリサイクルの最適な商流をご紹介します

4つの認定基準

下記の4つの認定基準に関し、審査における判定項目を設け、資源プラ協会による審査を行います。
  • 基準 1

    「資源プラスチック」という取り組みに対する理解と賛同が得られているか?
  • 基準 2

    素材毎の分別が行われ、全量再生プラスチック原料の基材として直接利用する事ができるか?
  • 基準 3

    処理(前処理、中間処理、再生処理)は適切に行われているか?
  • 基準 4

    関連する法令や商慣習を理解し、遵守しているか?