shigenpla_logomark.png

​お知らせ・活動報告

リサイクルは技術だけでなく人の環が創り出す 

「廃プラを処理する」から「資源プラを製造する」への転換


私たちが10年前に始めた「廃プラスチックという呼び名を変えよう」という資源プラの活動は2018年に一般社団法人資源プラ協会として形を変えました。

資源プラ協会は2019年から2021年にかけて、環境省の「プラスチックの輸出に係るバーゼル法該非判断基準検討委員会」に委員として選出され、ガイドライン策定に大いに関わり、現場の声を届けることができました。

来年度2022年は「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラ循法)」という国内プラスチック処理に関する法律も施行されます。

まさに「廃プラを処理する」から「資源プラを製造する」への転換が行われようとしています。

日頃のご愛顧への感謝とともに、今後とも資源プラ協会をどうぞよろしくお願いいたします。