shigenpla_logomark.png

​お知らせ・活動報告

廃プラ保管量上限を引き上げ

注目点 中国などの使用済みプラスチックなどの輸入禁止措置などで、国内で処理される廃プラなどの量が増大したことにより、国内の廃棄物処理施設がひっ迫し、廃プラ類の保管が増加傾向にある。環境省は、プラスチックリサイクル設備の導入に対する補助事業などを実践しているが、「国内の資源循環体制の構築までには一定時の時間がかかることから、増加傾向にある廃プラ類について、保管場所の確保や適切な保管が求められると共に受け入れ先が確保できないことによる不法投棄の発生が懸念される」と判断。 https://www.env.go.jp/council/03recycle/y030-30b/ref03-30.pdf