shigenpla_logomark.png

​お知らせ・活動報告

日本の先進的なリサイクルのコンセプトの輸出。

米国議会が作った地域研究機関Wilsonセンターの海洋プラスチックの国際会議で、会員の株式会社パナ・ケミカルが手がけている日本の発泡スチロールリサイクル「J-EPS recycling」が紹介されました。

このJ-EPS recyclingは日本発祥の発泡スチロールリサイクルの仕組みで、魚箱などの発泡スチロールを独自のリサイクル処理機で熱減容し、1/50にブロック化しリサイクルルートに乗せる安定的なリサイクルシステムです。すでに日本では全国2000社が採用し45年間で100万トン以上のリサイクル実績を出しているデファクトスタンダードな発泡スチロールシステムです。

ただ、そんな発泡スチロールは、世界で処理困難物と呼ばれ、海洋プラスチック分野では非常に問題視されています。このような日本の先進的なリサイクルのコンセプトの輸出も資源プラ協会の役目だと考えています。


J-EPS recycling 日本独自の発泡スチロールリサイクル 専用サイト


Wilsonセンターの海洋プラスチックの国際会議