top of page
shigenpla_logomark.png

​お知らせ・活動報告

日本の先進的なリサイクルのコンセプトの輸出。

米国議会が作った地域研究機関Wilsonセンターの海洋プラスチックの国際会議で、会員の株式会社パナ・ケミカルが手がけている日本の発泡スチロールリサイクル「J-EPS recycling」が紹介されました。

このJ-EPS recyclingは日本発祥の発泡スチロールリサイクルの仕組みで、魚箱などの発泡スチロールを独自のリサイクル処理機で熱減容し、1/50にブロック化しリサイクルルートに乗せる安定的なリサイクルシステムです。すでに日本では全国2000社が採用し45年間で100万トン以上のリサイクル実績を出しているデファクトスタンダードな発泡スチロールシステムです。

ただ、そんな発泡スチロールは、世界で処理困難物と呼ばれ、海洋プラスチック分野では非常に問題視されています。このような日本の先進的なリサイクルのコンセプトの輸出も資源プラ協会の役目だと考えています。






関連記事

すべて表示

【お知らせ】新しいタスクフォース「Cool Black Recycling」発足。

我々、一般社団法人資源プラ協会(以下、資源プラ協会)は、プラスチック廃棄物を明確に「資源」と位置づけ、使用後に排出される事で国内に豊富に存在する「プラスチック廃棄物という資源」を如何にして資源循環の輪に乗 せて社会の為に役立てるのかを検討して参りました。 資源プラ協会といいますと、「資源プラの輸出に特化した国際的な資源循環を目指す組織」と思われる方が結 構多いのですが、これは誤解です。我々の取り組

Comments


bottom of page