shigenpla_logomark.png

​お知らせ・活動報告

資源プラ製造事業所認定制度のご紹介―資源プラスチックを生み出す「マエストロ」を認定します!―


発泡スチロールリサイクル事業者としては初めての認定企業 協業組合仙台清掃公社さま、資源プラ製造風景




我々一般社団法人資源プラ協会では、プラスチック廃棄物の処理物の「品質」に着目し、再生プラスチック原料の 基材として多様な形で利用可能な「資源プラスチック(資源プラ)」の普及に努めてきました。


従来、プラスチック廃棄物は「廃プラスチック(廃プラ)」と呼ばれ、廃棄物として適切に処理される事に主眼が置 かれていました。そのため、処理業者は処理の効率を重視し、処理物の品質は二の次で事業収入の多くを処理手 数料に依存していました。しかるにバーゼル条約の改正による国際的な物流環境の変化や、海洋プラスチック問題 に代表される自然環境へのプラスチックの逸出による環境汚染などの影響で、法規制が厳格化したり、プラスチッ ク廃棄物の市場における取引条件が厳しさを増してきたりしています。その結果、行き先を失ったプラスチック廃棄 物の処理が大きな問題となっています。この行き先を失ったプラスチック廃棄物の存在は、野積みなどの不適正な 保管や違法焼却などの不適正な処理、そして不法投棄の温床となる可能性があり、早急に適切な対応を講じる必 要があります。


我々は、プラスチック廃棄物の前処理や中間処理の高度化を通じて、処理物の品質を高め、取引市場での流通 性を高める事を提案しています。再生処理の妨げや再生プラスチック原料の物性の低下を招く「異物」や「汚れ」を 適切に管理し、処理物の品質を高めると共にその安定化を目指します。この品質に依拠したプラスチック廃棄物の 処理物こそが「資源プラ」という事になります。

資源プラにおける品質は、あくまでも「ヒト」によって生み出されます。「他素材を識別し分別する」、「異物や汚 れを適切に取り除く」、「処理物は取引に適した荷姿に梱包する」、「安全かつ衛生的な環境で保管する」といった 地道な作業工程を積み重ねる事によって品質は創り上げられるのです。


したがって、ヒトが持つ「知識」や「技能」、「経験」をベースとし、事業所としてヒトが資源プラを製造できる「仕組 み」を構築し、適切に運営している事こそが資源プラを生み出すための必須の要件となります。


我々は、この資源プラを生み出すための「仕組み」を、資源プラ協会に所属する物流、法務、技術の専門家から 成るチームにより多角的な視点から検証し、第三者的な立場から認定する「資源プラ製造事業所認定制度」を運営 しています。


認定を取得した事業所には認定番号が割り振られ、審査結果の通知書、審査結果の詳細をまとめた審査報告書、 そして認定証が発行されます。そして、資源プラ協会のロゴマークの使用が使用規定に定める範囲内で可能とな り、営業や広報などの活動に利用して頂いています。

資源プラはプラスチック廃棄物を”処理した”結果生まれるものでは無く、プラスチック廃棄物を出発原料として” 製造する”工業製品です。この品質に優れた工業製品を生み出す「マエストロ」を認定する制度こそが「資源プラ製 造事業所認定制度」なのです。