資源プラ協会は、持続可能な
プラスチックリサイクル社会を創造します。

プラスチックリサイクルは、この20年余りで、技術的、マーケット的にも進化し、再生プラスチック原料化(ペレット化)せずに、グローバルに流通するようにもなりました。ただ、それらは「廃プラ(廃プラスチック)」と呼ばれ、「リサイクル処理されたプラスチック」と「廃棄されるべきプラスチック」が混在していました。一般社団法人 資源プラ協会は、リサイクル処理されたプラスチックを「資源プラスチック(以下、資源プラ)」とそうでないものを「廃プラ」を区別して呼び、排出事業者やリサイクル処理機メーカー、再生事業者、商社に対して、「資源プラ」の品質向上に関する情報の提供、普及啓蒙活動及び審査認定、出版物制作、セミナー開催、製造装置や機器の開発販売、調査、研究事業、コンサルティング等を提供いたします。

組織概要へ

資源プラについて
詳しく知ろう!

  • なぜ有価で取引されるプラスチックが「廃プラ」なの?

    どうして、有価物で資源になっているプラスチックが廃(棄)プラなのでしょうか?よく考えてみると他のリサイクル資源分野は、古紙、鉄スクラップなど「廃棄」と名のつくものはないのです。

    詳しく知る

  • 廃棄されるものと資源になるものが混在している現状

    この2枚の写真が両方とも「廃プラスチック」と呼ばれているのをご存知でしょうか?左写真は「廃棄されるべきプラスチック」ですが、右写真は「資源として有価で取引されているプラスチック」です。

    詳しく知る

  • 廃棄されるものと資源となるものは明確に分け、品質を上げる。

    今後はプラスチックリサイクルも原油価格の下落とともに「品質の時代」へとシフトします。それには「廃棄されるべきプラスチック」と「適正なリサイクル処理をされた資源としてのプラスチック」を区別する必要があります。

    詳しく知る

  • 資源プラの定義

    どうして、有価物で資源になっているプラスチックが廃(棄)プラなのでしょうか?よく考えてみると他のリサイクル資源分野は、古紙、鉄スクラップなど「廃棄」と名のつくものはないのです。

    詳しく知る

  • 資源プラ認定制度

    この2枚の写真が両方とも「廃プラスチック」と呼ばれているのをご存知でしょうか?左写真は「廃棄されるべきプラスチック」ですが、右写真は「資源として有価で取引されているプラスチック」です。

    詳しく知る